異物鑑定団®

混入異物のスクリーニング用試薬キットです。お手元で、異物の大まかな分類を行うことができます。

異物鑑定団®

製品の特徴

本キットは、食品、工業製品、化成品等の製品から発見された異物について、大まかな分類と加熱状態を簡便に判別できる試薬のセットです。

各検査試薬の発注書は、食品検査センターのサイトにあるご依頼書ダウンロードのページよりご確認頂けます。

  1. 機器分析では曖昧になりがちな生物系異物を簡便に分類/本キットは、製品混入異物を分析する際の呈色試験用に開発された試薬のセットです。FTIRやEDXといった機器分析では曖昧な結果になりがちな肉、植物片、骨、木片も簡便にスクリーニングができます。
  2. 試薬類の調製により、保管および管理の簡便化を実現/従来、異物検査の呈色試験では毒劇法の規制対象物質を保有する必要がありました。本キットでは試薬類は全て調製済みであり、法律上の毒物および劇物の定義から外れますので、保管および管理が容易になります。
  3. 同封の「サポートシート」や「技術セミナー」で、技術的な課題もサポート/呈色試薬セットには、代表的な異物に関する各試薬の反応性をまとめた「サポートシート」が添付されており、分析結果と照らし合わせることで異物の分類が可能になっています。また、(一社)検査技能検定協会の主催により、「異物鑑定団 技術セミナー」や「異物検査技能検定」も開催されており、技能の習得や習熟度の確認・証明に活用できます。

製品案内

呈色試薬セット

異物のスクリーニング検査に使用される一般的な6種類の試薬をセットにした検査キットです。各試薬の反応性をまとめた「異物分類サポートシート」をもとに、異物の種類を判定します。

血痕判別試薬

ロイコマラカイトグリーン法により、ヒトを含む動物の血液痕を判別するための試薬です。本法はルミノール反応より偽陽性が少なく、法科学的用途でも使用される信頼のおける方法です。

ルミノール反応について
科捜研をはじめ信頼ある検査機関では、目に見える血痕に対してルミノール反応を確認するようなことは行いません。何故ならば「ルミノール反応」は、拭き取り処理等を行ったため目に見えなくなってしまった血痕があった場所を推察するためのものだからです。
目視で血痕が疑われるレベルに顕在化している班痕や汚れに対してルミノール反応を行うことは、正式な法科学検査を阻害し、本来の正しい結果を導けなくなるリスクを増大させてしまいます。

事例紹介

お客様のお申し出案件にできるだけ早く対応するために、検査体制を構築。外観観察だけでなく、呈色反応による客観的な結果を合わせた説明が可能になったことで、お客様が納得されるケースが多くなった。また、さらに追加の分析が必要になったとしても、外部機関に委託する時間を待っていただけるようになった。

構成内容

異物鑑定団®/呈色試薬セット呈色試薬セット
タンパク質判定試薬 0.5mL
デンプン質判定試薬 0.5mL
木化組織判定試薬 0.5mL
植物繊維判定試薬 0.5mL
骨組織判定試薬 0.5mL
カタラーゼ反応試薬 0.5mL
取扱説明書
異物分析実施記録用紙
異物分類サポートシート
異物鑑定団®/血痕判別試薬セット血痕判別試薬セット
A液(基質液) 2.0mL
B液(発色液) 2.5mL
T液(転写液) 3.0mL
サンプリング用綿棒 30本
試験台紙 40枚
取扱説明書

使用する際は、使用者の安全のため、また、試薬類が外来物質から汚染されるのを防止するため、白衣や作業服、樹脂手袋、マスク、保護メガネの装着などの防護策を講じてください。
作業するスペースは、実験用作業台など耐酸性のある材質の場所を用意してください。また、使用者の安全のため、試験実施場所は換気可能で、かつ空調設備などの風が直接あたらないようにしてください。

価格

製品をご購入の際は、メールフォームからのご連絡、もしくは検査試薬発注書のFAXをお願いします。

製品名 定価 容量 カタログ番号
異物鑑定団® 呈色試薬セット 21,000円※1
30,000円
およそ25反応分 04-0010
異物鑑定団® 血痕判別試薬 21,000円※1
30,000円
およそ40反応分 04-0110

※1食品産業技術功労賞受賞記念キャンペーン(対象:2019年01月31日発注分まで)
別途、送料が常温便1,000円(税別)、冷凍便1,500円(税別)かかります。
本キット以外に必要な機器につきましては、「その他必要な機器・試薬」をご覧ください。
使用期限は、製造日より12ヵ月です。
料金は全て税別価格です。上記料金に別途消費税が加算されます。
ここに記載されている価格は、2018年03月現在の希望小売価格です。
予告なく価格、仕様、構成などが変更される場合がありますので、予めご了承ください。

その他必要な機器・試薬

異物鑑定団®を使用するためには、下記の機器類が必要となります。

本キットを使うために必要な機器・器具
マイクロピペット(10〜100µl用) ピペットチップ スライドガラス※1
精密ピンセット ライター※2

※1異物検体を載せる耐熱性のもの。 ※2加熱を行えるもの。
血痕判別試薬を使用する際には、マイクロピペット、スライドガラス、ライターは必要ありません。

異物分析のために推奨する機器・器具、試薬※3
デジタルマイクロスコープ、または光学顕微鏡等の拡大観察のための機器 デジタルカメラ
定規 メス刃またはカミソリ刃 消毒用エタノール

※3異物分析には、本キットによる呈色試験だけでなく、外観観察や燃焼性試験などの物理的性質についての分析も必要となります。それらに必要な機器・器具、試薬類です。

必要な機器・試薬につきましては、別途お問い合わせください。
必要機器、推奨機器の購入をご検討の際は、弊社営業部までお問い合わせください。

体験セミナー/実地研修サービス

内容 異物鑑定団® 技術セミナー
「異物鑑定団® 呈色試薬セット」「異物鑑定団® 血痕判別試薬」を用いた異物分析の進め方やコツ、ノウハウを身につけていただく実践的なセミナーです。セミナーでは、参加者全員に実際に分析を体験していただきます。また、修了者には「異物検査技能検定(一般社団法人検査技能検定協会)」の受験資格が付与されます。
開催日程 柏会場(12月)
日時:2018年12月21日(金)13:15〜15:45
場所:東葛テクノプラザ
住所:〒277-0882 千葉県柏市柏の葉5-4-6
定員:10名
料金 食品産業技術功労賞 受賞記念キャンペーン
キットつき 30,000円(税抜) → 25,000円(税抜)
キットなし 15,000円(税抜)
キット付きコースでは、異物鑑定団1キット(定価30,000円)をご提供。セミナーで身に付けた技術を、すぐに活かしていただけます。
お申し込み お申し込みの際は、①希望会場・日時、②会社名、③部署名、④役職、⑤参加者名、⑥住所、⑦連絡先(電話、FAX、メールアドレス)を記載の上、お問い合わせフォームよりご連絡ください。
ご留意点 受付は先着順となります。実技体験をメインとした完全少人数制セミナーですので、席に限りがございます。参加ご希望の場合は、早めにお申し込みのご連絡をお願いいたします。
セミナー開催の最少催行人数(5名)に達しない場合は、開催を見合わせたり、別の時間帯でのご案内となることがございます。
異物検査技能検定について 製造業の品質保証・品質管理のご担当者を対象にした検定試験です。実技試験を通して、理論・知識だけではない、実務的な検査技能を評価します。合格者には、一般社団法人 検査技能検定協会の「異物検査スペシャリスト」の資格が付与されます。
異物検査技能検定の受験には、セミナー参加費用とは別途、受験料が必要です。
出張セミナーについて 関東圏(茨城、栃木、群馬、埼玉、千葉、東京、神奈川)のお客様を対象に、講師を派遣する「出張セミナー」も対応しています。
料金:90,000円(税別)
4名/回まで。5名以上での開催をご希望の場合はご相談ください。
開催場所によっては、別途交通費をご請求させていただく場合がございます。
セミナー終了後に異物鑑定団(定価30,000円)を1キット無料で提供します。

「異物鑑定団技術セミナー」は、一般社団法人 検査技能検定協会からの委託により、当社が運営を行っております。
「異物検査技能検定」は、「異物鑑定団 技術セミナー」の後に実施します。
上記以外の開催予定につきましては、弊社までお問合せください。

よくある質問

Q1.検査に必要な機器や器具がないため購入を検討しています。機器類の取扱いはありますか?

これから検査体制を構築したいというお客様には、必要機器の紹介なども行っております。お気軽にご相談ください。
なお、血痕判別試薬については、マイクロピペット、チップ、スライドガラス等は不要で、簡便にご使用いただけます。

Q2.このキットは、検査・分析の経験がない担当者でも利用できますか?

このキットは、品質管理ご担当者を対象にした内容となっております。ご利用いただくには試薬の取り扱いについての基本的な知識やピペットの操作が必要になります。実験や検査・分析の経験のある方なら決して難しいキットではありませんが、実務経験のない方は、当社の実地研修サービスや体験セミナー(2016年08月以降開催)の受講をおすすめしています。

Q3.試薬ごとに購入することは可能でしょうか。

弊社営業部までお問い合わせください。

判別検査の流れ

本キットを使用した異物検査の例

  1. 受領試料の記録/発生状況を確認し、試料の写真を撮ります。
  2. 外観観察/物性確認/形態的特徴(形状、色調等)を観察し、必要な場合、一部を切り出して水溶性や燃焼性の確認を行います。
  3. 呈色試験/生化学試験/試料の一部を切り出して本キットの試薬による判定試験を実施します。
  4. 結果解析/Step2およびStep3の結果を総合して試料の大まかな性状を決定します。

ISO/IEC 17025 認定試験所