食物アレルギー簡易検査キット

皆様のお手元で、食物アレルギーを簡易的に検査出来るイムノクロマトキットです。

食物アレルギー簡易検査キット

製品の特徴

株式会社 森永生科学研究所製、日本ハム株式会社 中央研究所製の簡易検査キットです。

各検査試薬の発注書は、食品検査センターのサイトにあるご依頼書ダウンロードのページよりご確認頂けます。

  1. 食品の加熱や加圧等の加工の有無によらず検査が可能/原材料、半製品、製品だけでなく、ふき取り検査まで、幅広く適用できます。
  2. 短時間で検査可能/検査溶液滴下後、最短15分で迅速に特定原材料の混入を判定できます。
  3. 簡便に結果判定/結果を目視で判別するだけの簡易キットですので、特別な機器を必要としません。
  4. 食品中に換算すると検出感度は5μg/g/検査溶液中に特定原材料総タンパク質として25ng/mL以上含む場合、陽性を示します。
  • 構成内容
  • 価格
  • その他必要な機器・試薬

構成内容

モリナガ特定原材料イムノクロマト法キット(株式会社 森永生科学研究所)

モリナガ特定原材料イムノクロマト法キット(株式会社 森永生科学研究所)
A液(10倍濃縮液) 50mL/1本
B液(10倍濃縮液) 50mL/1本
C液(10倍濃縮液) 50mL/1本
D液 25mL/1本
E液 2mL/1本
テストスティック 20本
取扱説明書 1部

特定原材料検査キット FASTKITスリムシリーズ(日本ハム株式会社 中央研究所)

特定原材料検査キット FASTKITスリムシリーズ(日本ハム株式会社 中央研究所)
テストストリップ 2テスト×10包装
希釈用緩衝液 50mL×1本
濃縮抽出用緩衝液(10倍濃縮液) 100mL×1本
取扱説明書 1部
ビニールパウチ袋 1枚

価格

製品をご購入の際は、メールフォームからのご連絡、もしくは検査試薬発注書のFAXをお願いします。

製品名 定価 容量
モリナガ特定原材料イムノクロマト法キット
ナノトラップ®IIRシリーズ
(株式会社 森永生科学研究所)
卵(卵白アルブミン) 各32,000円 20テスト分
牛乳(カゼイン)
小麦(グリアジン)
そば
落花生
特定原材料検査キット
FASTKITスリムシリーズ
(日本ハム株式会社 中央研究所)
各32,000円 20テスト分
牛乳
小麦
そば
落花生
大豆

年間5キット以上購入の場合は、別途お見積りいたします。また、精度確認や疑義が生じた場合に速やかに検査出来るよう、受託検査とのパッケージもご提案しています。
料金はすべて税別価格です。上記料金に別途消費税が加算されます。
ここに記載されている価格は、2016年04月現在の希望小売価格です。
予告なく価格、仕様、構成などが、変更される場合がありますので、予めご了承ください。

その他必要な機器・試薬

キットや検査を行いたい試料の種類で異なります。
詳細は「よくある質問 Q1」の回答をご覧ください。

よくある質問

Q1.検査に必要な機器や器具について、詳細を教えてください。

必要な機器・器具は下記のとおりです。

モリナガ特定原材料イムノクロマト法キット ナノトラップ®IIRシリーズ(株式会社 森永生科学研究所)

<食品検査の場合>
  1. ミルミキサー(検体を均質化できるもの)
  2. 秤量天秤(検体1gを秤量できるもの)
  3. メスシリンダー、ピペット
  4. ボルテックスミキサー
  5. 水浴(沸騰を維持することができるもの)
  6. 耐熱手袋
  7. 遠心分離機(3,000×g以上の遠心加速度の出せるもの)
  8. ろ紙
  9. ポリプロピレン製遠心管(50mL)
  10. マイクロピペット(200μL)
  11. タイマー…反応時間(15分または25分)の計測に使用します。
  12. マスク、使い捨てプラスチック手袋
5〜8は、簡易抽出検査法を用いる場合は不要です。
<ふき取り検査の場合>
  1. 綿棒
  2. ポリプロピレン製チューブ
  3. メスシリンダー、ピペット
  4. ボルテックスミキサー
  5. 水浴(沸騰を維持することができるもの)
  6. 耐熱手袋
  7. マイクロピペット(200μL)
  8. タイマー…反応時間の計測に使用します。
  9. マスク、使い捨てプラスチック手袋
5〜6は、簡易抽出検査法を用いる場合は不要です。
<抽出を省略する場合>
  1. マイクロピペット(200μL)
  2. タイマー…反応時間の計測に使用します

特定原材料検査キット FASTKITスリムシリーズ(日本ハム株式会社 中央研究所)

<食品検査の場合>
  1. 粉砕機(フードカッター)
  2. ホモジナイザー(ミルサー)
  3. 遠心分離機(3,000×g以上、4℃を推奨)
  4. 遠沈管等
  5. ろ紙、漏斗
  6. メスシリンダー
  7. ビーカー
  8. マイクロピペット 等
<ふき取り検査の場合>
  1. 試験管等
  2. 綿棒
  3. マイクロピペット 等
拭き取り液の前処理は不要です。そのまま試料溶液としてご使用ください。

判別検査の流れ

  1. 試料の均一化処理
  2. 抽出操作
  3. ろ過、希釈
  4. 試料溶液の滴下
  5. 判定

詳細は、株式会社 森永生科学研究所および日本ハム株式会社 中央研究所のホームページをご覧ください。
消費者庁次長通知に準じた方法(ELISA 法、PCR 法、ウエスタンブロット法)での検査をご要望の場合は、食物アレルギー検査もご覧ください。

ISO/IEC 17025 認定試験所
ビジョンバイオ公式facebook
ビジョンバイオ公式Twitter
ビジョンバイオ公式メールマガジン